デジタルサイネージ

デジタルサイネージ

動画を活用したメッセージを消費者にリアルタイムでメッセージを届けてみませんか?


デジタルサイネージPV

デジタルサイネージは、次のステージへ。
G-HOUSEが提供するデジタルコミュニケーション。
まずは、PVをご覧ください。

デジタルサイネージというもの

情報先進国の欧米を初めとする欧州、アジア等でテレビとネットの融合メディアの象徴として、“デジタルサイネージ”が人々の生活に浸透しています。日本でも、数年前から可能性を持った新しいメディアとして取り組みが始まりました。経済状況が厳しい中、デジタルサイネージは様々な可能性を持った数少ない成長分野として広告・マーケティング業界、通信業界、家電業界、などの他、百貨店、ショッピングモール…から熱い関心が注がれています。
数年前から日本でもようやく、店頭、屋外、公共スペース、交通機関などでデジタルサイネージが設置され始めてきました。しかし、日本特有の初めてのモノへの抵抗感・日本特有の価値観がその浸透を妨げています。日本では、メーカー思考のハードを売る為の安直な理由を挙げています。例えば導入効果に、ポスターやPOPよりもオペレーションコストがかからず、タイムリーかつスピーディーに広告を出せることや、かつてリーチできなかった細かいエリアまでリーチできる事などを挙げています。
デジタルサイネージは、単にコストパフォーマンスがよく情報をオンデマンド化できるだけではなく、日本の情報社会のインフラにもっとクリエイティブでCISに繋がる重要な役割があると我々は考えています。

デジタルサイネージの可能性

デジタルサイネージは、「インターネットを使ったネットワーク」に接続されていることに大きな可能性があります。具体的な可能性を挙げると例えば、設置されているエリア、時間、環境によって、コンテンツを配信することができます。
更に識別認証機能を持ったカメラを付加する事により利用される相手の趣味思考に合ったモノをセグメントした情報を提供したり、Twitter、FB、SNSなどのコミュニケーションツールへと情報を連鎖させたり、クラウドコンピューティングの普及で、どこからでもデータにアクセスできるようになり、その際に認証したターゲットごとに広告を流す新たなターゲティング広告などの可能性は無限に拡がります。

デジタルサイネージに今求められるもの

ようやく日本でも、デジタルサイネージを目にする事が多くなって来ましたがデジタルサイネージの本来のポテンシャルを発揮するモノはまだありません。テレビの表現力、Webの情報力。。。現在のデジタルサイネージは情報力が街に溢れ出し、PCなどのパーソナルな領域が、パブリックな領域へ拡がったという認識が強いですが、表現力・クリエイティブ力が足りないのが現状です。人は無意識に様々な情報を趣旨選択しています。直感的に興味の有る無しで情報をセグメントしています。
これからのデジタルサイネージには、情報の内容は勿論ながら、その伝えたい事の持つイメージ訴求が重要だと考えます。そのコンタクトポイントとなる環境・状況により情報訴求を戦略に考えることが必要なのです。

G-HOUSEが考えるメディアマップ

G-HOUSEが考えるメディアマップ


提供ソリューション

項目 基本サービス アドバンストサービス
Branding
(企業ブランディング)
  1. マルチスクリーン構築
  2. 稼働システム
  3. CRコンテンツ制作
  4. DSカスタマイズコンサルタント
  1. 無人受付システム
  2. 企業広報宣伝用プラットフォーム
  3. 企業情報掲示板やデジタル企業誌のダウンロード端末活用
  4. 企業デジタル化
  5. ECビジネスへの連携ソリューション
  6. チェーンストアへのDSソリューション
Marketing
(マーケティング)
  1. イベント、キャンペーン向けマルチスクリーン構築
  2. 稼働システム
  3. CRコンテンツ制作
  4. DSカスタマイズコンサルタント
  5. モバイル稼働マルチスクリーン機体
  1. インタラクティブ連動システム活用
    (例:AR、センシングカメラ)
  2. コンテンツ連動活用
  3. FB、mixiなどのSNS連動
  4. 広告宣伝キャンペーンツール
  5. モバイル、タブレットなどの端末への連結ソリューション
  6. CRM、データマイニングなどの活用及び分析
Media
(メディア)
  1. DOOH Mediaに関するノウハウコンサルタント
  2. DOOH Mediaの構築(ハード/ソフト)
  3. DOOH Mediaの経営・運営ノウハウ&SOP
  4. Mediaとしての営業・販売戦略の企画
  5. DSに対応する全てのCRコンテンツ制作
  1. マルチスクリーンの構築
  2. Mediaの共同運営

コンテンツ制作工程

情報収集 宣材支給:素材制作の場合は別途(企画・デザイン・スチール撮影・動画撮影など)
企画・制作 会議 クライアント・製品のポジショニング、幅広い広告・広報戦略の企画立案
素材の提供 戦略的な情報の訴求内容を脚本にし、脚本に沿った撮影がされているか等、条件を揃えます。
創造的思考・制作 ストーリー会議 クライアントとのコンセンサスを図りながら、全ての素材を揃え準備を完了します。
編集 Color board、Motion board
制作/配信